北の国からの食うか食われるかのハードボイルドブログ
博物館!!剥製、展示物、狂乱の宴!!!
2008年06月29日(日) 04:24
博物館へも行ってきました。
まったく博物館なんて何がおもしろ…
マンモスおっきいいいい!!!!


「パパーマンモスおっきいよ!!」
「ハハハ!パパのマンモスとどっちが大きいかな?なんてなハハハハハ」
っという微笑ましい親子の会話が想像できるいい画ですね。

なんかよくわからないけどどっかの昔の人が作った柱?みたいの。
怖すぎ!もの凄いセンス!


ちなみにこの後ろに隠れているのが僕です。
写ってはいないけど、隠れていたって事実、そこが大事だと思うのよね。

みんなお待たせ!!剥製カーニバル開催だよ!!!
ってキモッ!!
口キモッ!!!



うわー囲まれたー助けてー


はい剥製カーニバル終了

二つ博物館行ったんだけど、実はここも3回目だったから当然の如く飽きてた。
でもすっごく楽しかったピョン!!!!
あー自分につく嘘が一番こたえるわ
網走監獄!!怒涛の蝋人形ラッシュ!!
2008年06月29日(日) 04:05
おいーっす!行事のようなもので行ってきましたー!

うわーさすが監獄、囚人いっぱい♪夢いっぱい♪
畑を耕したりしてる様子




お腹がすいたんで食堂にやってきた
おおー食ってる食ってる!



これくれよ



ババーン!!!


って草薙剛さんじゃないっすか!?
失礼しました!!


っというわけで買いました。
今日の囚人の方々のメニューってことでいわゆる臭い飯なんだけど
正直俺よりはるかにいいもん食ってる件。嫉妬



「うめえ!」




うわぁ〜こわそうな人だなぁ…



そんな彼と心の通じ合った瞬間でした



うお!!露出狂ッッッ!!!



僕の通報のおかげで公然わいせつ罪で逮捕されました
彼には自由と責任がセットということを教え込んでもらいたいです。

ああ網走監獄凄かった。
ちなみにここ行ったのこれで4回目。
はいもう飽きてます
人生って自分の思い通りになるらしいよ
2008年06月27日(金) 07:58
いやいやちょっと待って!別に「変な宗教はじめました」とか「ついに頭あれになっちゃった」とかじゃないっすよ!
世界で900万部売れてるとかいう「ザ・シークレット」っていう本で見たんだけど引き寄せの法則っていって、強い想いが現実になるのは宇宙の絶対的法則?なんだってさ
「んなわけねえだろハゲ」「じゃあなんで俺は金がねえんだよ」ってまあかくいう僕も思うわけなんですけど、
そういう邪念を取り去ってマジで信じるんだって。ていうかもう手に入れたものと考えるんだと。
そうすると手に入れられるんだと。まさに「想いは現実になる!」ってやつ。
うーん、ロマンがある!
でさ、こういう法則に気づいたときって「ああ自分は他の人間とは違う、特別なことを知っている」って少なからず思うわけなんだけど、うまく文章にできないけど、これって変な新興宗教に似てないかい?
本のこと悪くを言ってるんじゃなくて、そういう思考とか感覚が。
こういう感じで、少し言い方悪いけど今にも胡散臭い新興宗教とかでも、「自分は本当に救われた」とか「誰かにこれを教えてあげよう」って思って熱心にやったり、勧誘したりするのかな?って思った。
まあとくにかくにも俺も「さっそく札束引き寄せたろ!」て思ったわけなんだけど、やっぱ札束がポストに突っ込んであるわけでも振ってくるわけでも落ちてるわけでもなかったわけで。
悲しいけど当たり前なわけで。部屋でマス掻いてて毎日100万貰ってたら誰も働かないわけで。
でもさ、ちょっと思い出してみてもらいたいんだけど、昔欲しかったものとか、本当に欲しいものって案外結局手に入ったり、今持ってたりしないかい。
俺小2、3ぐらいの頃ビーダマンが欲しくて欲しくてたまらなくて、毎日ビーダマンの話してたんだ…そしてクリスマスの夜、奇跡が起こったんだ…
次の日の朝、ワクワクしながら箱を開けるとその中に入ってたのは、そう!蒸しパンだった。
俺は瞬時に蒸しパンを自慢の握力で握り潰し一口サイズにすると口に放り込んだ。そして泣いた。号泣した。サンタ死ねって思った。
はっきり言って箱を開けた瞬間の血の気の引きようはマジでハンパじゃなかったよ。
猛ダッシュで自転車こいでるときに前輪に傘挟んじゃったときぐらいだったし。
「あれー?これ好きじゃなかったっけー?ごめんねー」て親が謝ったとき子供心に、
いや好きっつってもわざわざプレゼント権使ってまで食いたいほど好きじゃねえよ!それならもっとこうモンブランとか豪華なの食いたいっつーの!って思ったの覚えてる。
まあ蒸しパンはおいしかったし、欲しかったビーダマンもお年玉使ってトイザラスでゲットしたし
結局欲しいものは手に入れることはできました。ほらね、凄いでしょ。
だから夢や希望とかってそう簡単にうまくいかないことも、物事思った以上に思ったとおりにならないことも知っている、そんな昔より少し現実を知ってきた今だからこそ信じてみることが大事なんじゃないかなって思った。
そういう現実を知ってるからこそ、具体的にやることがわかっちゃったり、数字としてでてきちゃったりして嫌になることもあるけど、逆に言えばそれさえこなせば叶うわけだし、賢ければ、経験が多ければ多いほどその数字にキチンとした信憑性が生まれると思う。
この引き寄せの法則っていうのはそういうことなんじゃないかなって思った。
長くなったけど結局僕が何を言いたいのかというと、彼女欲しいってことですはい。
やっぱ早寝早起きは大事だよね♪
2008年06月26日(木) 02:55
なんか明るくなってきたと思ったらもう3時か…

おやすみ
早寝早起きと部屋の掃除は健康の基本だよね♪
2008年06月24日(火) 22:12
しかしできません
今日こそは12時までには寝よう。うんそれがいい。
いや〜ちょっと聞いてくださいよ〜、最近寝坊が多いんですよ〜
ん?どうでもいいって?どうでもよくねえよ!!
寝坊するせいでゴミが出せないでどんどん部屋にゴミ袋が溜まってくのよ
ていうか俺部屋をいくら掃除してもすぐに汚れるんだよ
まあ実際いくらも掃除してないんですけど…。
2年以上一人暮らししてきて今更気づいたんだけど、
なんというか僕には部屋を綺麗に使う才能が絶望的にないみたいです
このように
ババーン!!


ていうかこれはもう部屋を汚す天賦の才ですわ
おお!でた逆転の発想!!さすが大学生だぜ!!
今日は友達んちで一日中エルフェンリートとかいう漫画見てたわけ
2008年06月23日(月) 22:30
行ったはいいけど、やることなくて暇だからみてたわけ
表紙はなんつーかいわゆる萌え絵って感じで、
「お前なんだよこの漫画…お父さんお母さんがこんな辺境の地に来てまでこんな漫画読んでるって知ったら泣くぞ」
「いや、お前それおもしろいから!みてみろよ!はまるぞ!」
そう言われ、お前がそう言うなら〜っていう雰囲気にして内心ワクワクしながら手にとってみたけど…なんつーかもの凄い漫画だったわ。
表紙とのギャップがもの凄かった。
まさかの出血大サービスの鮮血カーニバル。
絵の下手さと無駄なグロさエグさとベタなエロシーンが織り成す混沌とした漫画だった。
どういう漫画かイマイチ伝わらないと思うんで、みんな大好きドラゴンボールで例えてみると

悟空「オッス!オラ悟空!いっちょや」血ブシャー!!←首チョンパ

悟空「お前の出番だ!悟飯!!」
悟飯「…」血ブッシャー!!←首チョンパ

ピッコロ「もう神でもピッコロでもない…
本当の名前も忘れたしまったナメッ」血ブシャー!!←首チョンパ

ベジータ「カカロット!貴様を倒すのはこのお」血ブシャー!!←首チョンパ

っていう漫画でした。
なんてわかりやすい説明なんだ…もうみんな全巻みたも同然だね☆

にしてもこの作者はド変態だと思う。性癖とか全般的に。
でも感動したわ。生きてるって素晴らしい。
にしてもかわいそうなシーンがとにかく多かったわ…
興味がある人は満喫とか行ったときにでも見てみてはどうでしょうか


ちなみに僕が漫画見てるときの部屋の状況

友達「おもしろい?」
俺「あ?あー」
友達「…続きやろ」←FF5やり始める

俺「うわ!死んだ!」
友達「あーそこ俺も驚いたわ」

友達「次どこいけばいいの?」
俺「シドがいたカタパルトだよ」

友達「晩飯食ってく?」
俺「うん」

友達「もう帰れよ」
俺「断る」
友達「死ねよ」
俺「生きる」

この調子で全巻みてきた。
本当いい友達を持ったと思う。
あ、今日一日これしかやってねえわ死の
今日はバーベキューしてきた
2008年06月22日(日) 21:35
ゼミでやった
天気悪かったけどやった
昼から6時ぐらいまでやってた
4000円とかとんでも料金だったから、無理やり元取ろうと食いまくってビール飲みまくってたら潰れた
ビール目標10杯だったけど9杯でダメだった
てか弱い俺にしてはかなり飲んだし。
ビール9杯、焼酎2〜5杯?日本酒イッキとか…
とにかく飲んだわ。頭痛い。
酔っ払って、すごい騒いでたらしい。記憶ない
寒くて気が付いたら草むらでうずくまって寝てたし
意味がわからない
とりあえず、みんなの前で一発芸とかやらされたしとにかく辛かったわ
今日夜6度とかだったし…
マジ北国だるいわ。寒すぎるわ死ねよ。
むかついたから余った肉大量に持って帰ってきたし


これで当分肉に困らない
天下の台所だわ
いやでもゼミにスカトロ好きの奴がいて、4000円で顔面おしっこかけられるお店の話とかきけておもしろかったよ
あーにしても頭痛い…当分酒飲むのやめようと思う
何がうまいんだよあんなもん
あー胃が痛い
ラーメン食いたい
セックスしたい

 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ